古民家を改良したレストランも

奈良県にある奈良公園では、可愛らしい鹿と直接触れ合うことが出来ます。公園内には1000頭以上の鹿が放し飼いになっており、売店で売られている鹿せんべいなどを餌付けできます。公園内の鷲池には浮見堂が建てられており、サクラの季節には絶好の花見ポイントとなります。当地では「なら燈花会」などの行事も行われ、観光客の目を楽しませています。また、古民家を改良したレストランもあり、緑豊かな環境の中で奈良のグルメを味わえます。当公園は広大な敷地を擁しており、家族で一日過ごせる場所です。

 

世界最大級の木造建築

奈良観光で外せないのは、奈良の大仏がある東大寺です。8世紀前半に建設された当寺には、世界最大級の木造建築となる大仏殿が設置されています。その他、天平文化を代表する豪華な彫刻が施された、法華堂など見どころが沢山あります。また、二月堂は毎年3月には春を告げる伝統行事の、「お水取り」が行われることでも知られています。東大寺はは1998年に古都奈良の文化財として、世界遺産にも登録されています。

 

王朝時代の雅が感じられる

東大寺と並んで奈良で外せない歴史スポットが、春日大社です。春日大社の歴史も大変に古いものがり、平城京遷都の時代に遡ります。敷地内に一歩踏み入れると、かつての王朝時代の雅が感じられます。見どころの一つが緑の森の中に、朱塗りが浮かび上がる「中門」です。その奥に、国宝に指定されている4棟の本殿が控えています。中門自体も重要文化財に指定されており、春日大社全体が日本の宝だと言えます。当地は春日山の森の景色と相まって、奈良を象徴する風景して度々登場します。